• 世界最高峰の山エベレスト

    エベレストまたはチョモランマ、サガルマータは、ヒマラヤ山脈にある世界最高峰の山である。 山頂は、ネパールと中国との国境上にある。 エベレストはインド測量局で長官を務めたジョージ・エベレストにちなんで命名された

  • パタン市内観光

    パタンはネパールの古都。 正式の都市名はラリトプル。 2011年の人口は22万6728人で、国内3位。 カトマンズ盆地南西部に位置し、準大都市自治体。 豊かな文化遺産に恵まれる

  • ルンビニ

    ルンビニは、ネパールの南部タライ平原にある小さな村。仏教の開祖・釈迦の生まれたとされる地。仏教の八大聖地の1つでもある。

  • ブライダルプラン

    ご結婚おめでとうございます! 結婚式、それはあなたが愛する人と分かち合う人生で最も重要な日。結婚を控えたあなたは、式について新婚旅行についてたくさんの決定をしなくてはなりません。できればそれらの決定ができるだけ楽しくストレスの少ないものであってほしいものと思います。

    詳細はこちら>
  • リバティーホリデイズのハネムーン・新婚旅行特集

    晴れて結婚した二人の初めての日を、ネパールという楽園で過ごすのはいかがでしょうか?日常から離れた楽園のような場所でのんびりと過ごしたいという方にも、めくるめく冒険に溢れたアクティブなハネムーンを過ごしたいという方にも、ヒマラヤの国へのハネムーンはきっとご満足いただけることと思います。

    詳細はこちら>

ネパール取材・撮影コーディネート

映画、テレビ番組、ドラマ、商業的なコマーシャル、広告、写真撮影、報...

詳細はこちら>

次の旅行はどこにしよう!

いま、ネパールへ!

ネパール

ネパール国は南アジアの連邦共和国である。 首都はカトマンズ。ヒマラヤ山脈の南側のふもとに位置し北を中華人民共和国に、西と南をインドに、東をインド・シッキム州に接する。 ネパールはその独特の地形と海抜の多様さにおいて世界で 最も豊かな国の一つです。 国内の海抜は60mからエベレスト の8848mまでのおよび、幅150kmの間に亜熱帯性気候 から 北極の気候と変化に富んでいます。 ネパールは、南アジアの王制国。首都はカトマンズ。ヒマラヤ山脈の南側のふもとに位置し、北を中華人民共和国に、西と南をインドに、東をインド・シッキム州に接する。 エベレストを始めとした8000m級の高峰をかかえ、国土の多くがヒマラヤ山脈に存在する。そのためインドに面した南部の低地を除き、高山気候となっている。 この自然の多様性は驚くべき生態系を育んでいます。 ネパールには他では味わえない種々多様の観光アトラクションと冒険のチャンスが多数あります。そして半永続的な習慣と信仰とネパール独自の最重要な伝統儀式にのっとって1年中 祝われる色とりどりのお祭りに参加することが出来ます。 世界広しといえどもネパールほど冒険に満ち満ちたところはありません。 登山、トレッキング、マウンテンバイクでの登山。 自然文化とのふれあいツアー、巡礼ツアー、ラフティング、 カヤック、カヌー乗り、マウンテンフライト、ポニートレッキング、ジャングルサファリ、釣り、バードウォッチング、ハングライダーなどが1年を通して 楽しめます。 よりたくさんの方々がネパールを訪れ、異文化 に触れ、数々のアクティビティーを体験して楽しい思い出とされることを願っています。

詳細はこちら>
Japan

ブータン

ブータンはヒマラヤのシャングリラ(桃源郷)として知られる仏教王国。20世紀後半まで鎖国に近い政策だったこともあり、地球上のほとんどの場所で失われてしまった手付かずの美しい自然と、自給自足に基盤を置いた伝統的な生活文化が残っている。 中国とインドの2大国に挟まれているが、ネパールと違ってインド文化の影響は少なく、チベット文化圏に属す。他のチベット文化圏が近代化の波に洗われる中、ブータンは広大な仏教圏、チベット文化圏の文化と伝統を伝える、残されたサンクチュアリでもある。 電気、乗用車、電話、テレビが一般に普及し始めたのは21世紀に入ってから。他の国とあまりにも大きな差がある国情から、旅行にも特殊な制約はあるが、世界中のほかのどの場所でも体験できないなにかがあると、訪れた旅人たちは口をそろえる。 地上の楽園、ブータン王国は恐らくこの世の中で近代化によって手つかずの数少ない地であるといえるでしょう。 壮大なヒマラヤ山脈の範囲中に位置し、北はチベット、南はインドに接しています。純粋な仏教徒国、豊富でユニークな文化や伝統、未だ原始のままに近い生活様式持っています。 ブータン旅行は中世の時間&時代にタイムとリップしているような感覚にとらわれることでしょう。

詳細はこちら>
Tibet

チベット

チベット「神秘的なシャングリラ」世界の屋根の上にある禁制の王国は何世紀も人々の想像力をとらえて離しません。 偉大な調査者や冒険者は、対立的な自然条件や山賊の出没で通行困難なヒマラヤ山脈を通ってこの神聖な土地に乗り出しました。 語られることのない「文化大革命」中に生じた侮辱、破壊の跡。しかしながら、チベットは今なお過去の崇高さと威厳、不思議な魅力と神話を保ち続けています。 今日も変わることなく印象的で永続的なヒマラヤの大地に、遊牧民がヤクの群れ放牧している姿や、神聖な寺院へと五体当地で礼拝する巡礼者を見ることができます。 チベットは実に冒険者にとっての楽園なのです。 チベットは中国に5つある自治区の一つで、チベット族を主とする民族自治区である。 人口、人口密度ともに中国で最もすくなく、人口比率はチベット族が96.33%、漢民族が2.73%、その他の少数民族が0.94%を占めている。 チベットは、南はヒマラヤ山脈、北は崑崙山脈、祁連山脈、東は横断山脈などに囲まれ、インド亜大陸がアジアに衝突して隆起することによって生成されたチベット高原上に位置している。 中国の大部分の地区と比べて、空気が稀薄で、日照が強く、気温が低く、降雨量が少なく、乾燥している。 樹木は乏しく、水の豊かな平野部では大麦を主とした農耕が行われ、その背後に広がる草原地帯において牧畜が営まれている。 チベット高原はまた、国の保護動物に指定されているチベットガゼル、野生ヤク、野生ロバ、盤羊など中国特有の珍しい動物の生息地でもある。

詳細はこちら>